ヒゲ脱毛のアフターケア方法

メンズ脱毛サロン【男性向けの脱毛サロン】やっぱりココがおすすめNO.1

MENU

ヒゲ脱毛(メンズ脱毛)施術後のアフターケア方法は?

 

ヒゲ脱毛(メンズ脱毛)を受けると肌に負担がかかるのでアフターケアが必要です。

 

 

ヒゲを脱毛すると肌にもどうしてもダメージが出てしまいます。

 

そこで、ヒゲ脱毛の施術後のアフターケア方法についてまとめました。

 

ヒゲ脱毛のトラブルを予防し、より良い肌環境を手に入れるためにも下記のケア方法を参考にしてください。

 

日焼けをしないようにする

ヒゲ脱毛の施術後は「日焼け」しないように注意しましょう。

 

ヒゲの脱毛施術後の肌はダメージを受け、とても敏感な状態となっています。

 

その為、直接日光が当たらない様にしましょう。

 

施術を行った当日はもちろん、赤みや腫れ、火照った感じがなくなるまで外出する際は日焼け止めを塗る等の対策をしっかり取りましょう。

 

施術後に日焼けをしてしまうとシミが出来やすくなったりすることもあります。

 

また、医療レーザー脱毛や光脱毛の場合、日焼けしてしまうと施術そのものが出来なくなる可能性がありますので、施術後でなくても脱毛期間中は日焼けしないように気を付けるべきです。

 

女性は日頃からUV対策をしている人が多いですが、男性の場合紫外線に無頓着な人の方が多いと思いますので、意識して日差しを避けるようにしましょう。

肌を冷やす

ヒゲ脱毛の施術後は「肌を冷やす」のが大事です。

 

ヒゲの脱毛後は肌や毛穴が炎症を起こしていますので、冷やしたタオルや保冷剤等をつかって鎮静させましょう。

 

通常クリニックや脱毛サロンでは施術後冷却して炎症を落ち着かせるようになっています。

 

帰宅した後もまだ火照りや熱を感じる場合はタオルや保冷剤を使って冷却を継続しましょう。

温めないようにする

ヒゲ脱毛の施術後は「肌を温めるの」のはNGです。

 

これは冷やすの逆ですが、脱毛した部分を温めるとせっかく冷やして落ち着いた炎症がぶり返してしまいます。

 

具体的にはお風呂に入る、熱いシャワー、サウナ、暖房の温風等を避けましょう。

 

うっかりして結果的に温めてしまうこともありますので、注意してください。

 

また、激しい運動なども体温があがってしまいますので、少なくとも施術当日の激しい運動はさけましょう。

飲酒を控える

ヒゲ脱毛の施術後は「飲酒」はNGです。

 

脱毛施術後にお酒を飲むとアルコールの作用で血行が良くなるため体温が上がり、施術後の炎症が強くなってしまう可能性があります。

 

せっかく冷やして炎症を鎮静化しようとしても意味がありません。

 

炎症が治まるまで飲酒は控えましょう。

 

また、施術前にお酒を飲むと普段は施術後に皮膚のトラブルがない人でも赤みが強くなったり痒みが出たりする場合があります。

 

その為、殆どのクリニック、脱毛サロンでヒゲ脱毛施術前後の飲酒を避けるようにという案内がされていますので従うようにしましょう。

ヒゲを無理して剃らない

ヒゲ脱毛の施術後は「ヒゲ剃り」は出来るだけやめる。

 

ヒゲを剃るという行為は皮膚の表面を意外と傷つけてしまっています。ヒゲの脱毛施術後の敏感な肌をヒゲ剃りすると皮膚にダメージを与えてしまいます。

 

特に医療レーザー脱毛の施術後は毛穴の中で燃焼したヒゲが膨張し、毛穴に詰まった状態となり、いわゆる「泥棒ヒゲ」になっています。

 

この「泥棒ヒゲ」はとても目立つのでなんとか剃りたいと思うのですが、ヒゲそのものにコシがなく、上手くそれないのです。

 

これをなんとか剃ろうと何度もヒゲそりを往復させたりすると皮膚に余計なダメージを与えてしまいます。

 

「泥棒ヒゲ」は無理に剃ろうとせず、自然に抜け落ちるまでマスク等で対策するのが良いでしょう。

 

少しでも剃りたい、ということであればT字カミソリより電気シェーバーの方が肌にやさしく剃りやすいようです。

 

また、剃れないからといって泥棒ひげを毛抜きで抜こうとしたり、ゴシゴシこすったりしてしまうと毛穴から雑菌が入り込み、毛嚢炎になったりすることがあります。

 

保湿をしっかりする

ヒゲ脱毛の施術後は「保湿」はしっかり行いましょう。

 

ヒゲ脱毛後の肌は乾燥したり一時的に肌荒れしたりしますので、化粧水や乳液等でしっかり保湿しましょう。

 

男性の場合、保湿を日常的に行う習慣がない人も多いですが、きちんと保湿ケアすることで肌に水分を与え、トラブルを回避できます。

 

保湿に使用する化粧水や乳液等はアルコールや清涼感を出す成分が入っているものは避けるようにしてください。揮発性が高いため肌のバリア機能が下がってしまいます。

 

また、クリニックや脱毛サロンで施術後に軟膏やクリーム等をもらえることがあります。

 

炎症を抑える効果や保湿効果等があるものだと思いますので、効能を確認して活用しましょう。

施術箇所は清潔にする

ヒゲ脱毛の施術後は「施術箇所は保湿」はしっかり行いましょう。

 

施術が終わった後、施術箇所の様子がどうしても気になりますよね。

 

そこで頻繁に手で触ってしまったりすると炎症を起こして乾燥し、バリア機能が低下した肌は雑菌への抵抗力が低いため、雑菌が入り込んで毛嚢炎になったり肌のトラブルが悪化してしまう可能性があります。

 

清潔にしようとしてゴシゴシ洗顔したりするのも逆効果ですので、気を付けましょう。

まとめ【脱毛するなら秋〜冬に始めるのがお勧め】

 

ヒゲ脱毛の施術後のアフターケアの方法と施術前後の注意事項を見てきました。

 

脱毛後の注意するポイントを元に考えると、ヒゲ脱毛をスタートするのであれば「秋から冬に」始めるのがお勧めです。

 

夏は紫外線も強く、特に運動したりしなくても体温が上がってしまいますが、秋、冬であれば気温も低くなっていき、紫外線対策、患部を冷やすという意味ではやりやすくなります。

 

乾燥しやすくなるのがネックですが、化粧水や乳液をしっかり使えば保湿可能です。

 

また、医療レーザー脱毛の場合、施術後最大の悩みとなる泥棒ひげの対策としてマスクを使用したいのですが冬であれば風邪を引いた、風邪の予防等の口実でマスクを数日つけていても不自然ではありません。

 

ヒゲ脱毛を検討しているのであれば寒い時期に始めてみてはいかがですか?

 
 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

脱毛サロンとの違い
エステティックサロンでの脱毛を見ていきましょう。エステティックサロンとメンズ脱毛サロンの大きな違いは、装置の違いです。
エステならではの付加サービスも
エステティックサロンで脱毛を行うと、他の付加サービスも受けられるのですよ。
男性でも入りやすくなった
エステティックサロンは女性だけのものだと思っていませんか?今は違うのです。
わからないことはスタッフに聞こう
何事においてもそうですが、わからないことをそのまま有耶無耶にしてしまうのは決してよくありません。
時間は1回でどのくらいかかるのか
エステティックサロンで施術を受ける際に時間はどのくらいかかるのでしょうか?
まずは体験施術を受けてみよう
どんな施術なんだろうと興味がわいたなら体験施術をお勧めいたします。
ヒゲ脱毛(メンズ脱毛)のトラブルや副作用とは?
ヒゲ脱毛(メンズ脱毛)のトラブルや副作用について解説します。
ニードル脱毛と医療レーザー脱毛【痛みの比較!】どっちが痛い?
ニードル脱毛と医療レーザー脱毛のどちらが痛みが強いのかを比較して紹介します。