ヒゲ脱毛(メンズ脱毛)のトラブルや副作用

メンズ脱毛サロン【男性向けの脱毛サロン】やっぱりココがおすすめNO.1

MENU

ヒゲ脱毛(メンズ脱毛)で考えられるトラブルや副作用とは?

 

脱毛により起こる肌トラブルや副作用について解説します。

 

 

脱毛クリニックやエステサロン、ヒゲの脱毛の体験談等を調べると痛みについての話や肌トラブルの話を散見することになります。

 

各脱毛施設では、それぞれが皮膚のトラブルを起こさないように対処をしていますが、ヒゲを脱毛した際に考えられるトラブルについて、整理しました。

 

脱毛方法と考えられるトラブル

 

脱毛により発生する肌トラブルは皮膚の炎症や赤み等があります。

 

クリニックやエステサロン等でヒゲの脱毛をする場合は次の脱毛方式で行われます。

 

@医療レーザー脱毛 
Aニードル脱毛
B光脱毛(フラッシュ脱毛)

 

どの脱毛について熱や電気で毛根部分に物理的な損傷を与える、という点が共通しており、それが皮膚の炎症や赤み等、トラブルの原因となります。

 

 

医療レーザー脱毛で考えられるトラブルや副作用

 

医療レーザー脱毛で用いるレーザー光は黒い色素に反応する仕組みとなっています。

 

その為、ヒゲの密度が高い箇所では反応が強くなるため痛みも強く、皮膚が炎症を起こす可能性があります。

 

皮膚の赤み・炎症

医療レーザー脱毛施術後、炎症を起こし一時的に皮膚が赤くなるとか、腫れるといったものが考えられます。また、炎症に伴う皮膚のヒリヒリ感もあるでしょう。

 

これらの症状は一時的なもので、時間が経過するとおさまっていきます。

 

これは医療レーザーの効果によって毛根に伝わった熱が皮膚の内部にこもることが原因で、ほとんどの人に起こる一般的な症状です。

毛嚢炎(もうのうえん)

医療レーザー脱毛の施術によって皮膚や毛穴もある程度のダメージを受けるわけですが、この時皮膚はバリア機能が低下している状態となっているため、通常は感染しないブドウ球菌等の細菌に感染してしまうことで毛嚢炎となります。

 

医療レーザー脱毛施術の後、どうしてもレーザーを照射したところを手で触ったりしてしまいがちですが、このように手で触ったりすることによって雑菌が入りやすくなる場合があります。

 

医療レーザー脱毛施術の後はタオルなど顔に触れるものを清潔に保ち、肌を保湿することで毛嚢炎を予防することができます。

 

それでも毛嚢炎になってしまうようであればクリニックに相談し、炎症を抑える軟膏等をクリニックで処方してもらいましょう。

泥棒ヒゲ

これは厳密にはトラブルではなく、医療レーザー脱毛で必ず発生する副作用というべきものです。

 

医療レーザー脱毛の照射によって熱が伝わり、焼け焦げたヒゲが毛穴の中に残ってしまうことが原因です。焼け焦げたヒゲは熱によって膨張し、普段よりも太くなっているため、余計にヒゲが黒く目立ってしまうのです。

 

この泥棒ヒゲはコシがなく、ヒゲを剃ろうとしても剃れないという問題があり、無理して剃ろうとすると皮膚が炎症を起こしたり、雑菌が入って毛嚢炎になってしまったりします。

 

医療レーザー脱毛の施術から5日〜7日程度経過すると、毛穴から焼け焦げたヒゲは自然に押し出され、顔を洗ったりするときにぽろぽろと抜け落ちるようになりますので、それまでの我慢ですね。

 

自然に抜けた後はそれまでの泥棒ヒゲが嘘のようにツルツルになっているはずです。

 

ニードル脱毛で考えられるトラブルや副作用

 

ニードル脱毛は針を毛穴に差し込み、電流を流すことによって毛根部分を破壊するという方法です。

 

ニードル脱毛では毛根部分の発毛組織を破壊することができる強い電気を流し、熱ダメージを与えるので痛みが強く肌にダメージを与えます。

 

やけど

強い電気を流し、熱ダメージを与えますので、やけどをする可能性があります。

 

ニードル脱毛を施術しているエステサロンや脱毛サロンはきちんとトレーニングを行った担当者が行いますので、適切な電流設定等を行うことでほとんどやけどが起こることはありません。

赤みや腫れ

ニードル脱毛は物理的に針を毛穴に入れる際のダメージと電気によるダメージがありますので、当然赤みや腫れが出ます。

 

赤みについては施術当日には引く場合が多いですが、腫れが引くまでに2〜3日程度かかることもあります。

内出血

毛穴にニードルを差し入れる際に毛細血管に傷が付き、出血があるとその部分が赤紫色の内出血となります。

 

通常は1〜2出棺程度で改善します。

毛嚢炎(もうのうえん)

医療レーザー脱毛と同様に毛嚢炎になる可能性があります。

 

対処方法は同じで脱毛後に患部を清潔に保つ、保湿ケアをしっかりすることが重要です。

 

ニードル脱毛は毛根を直接破壊することで永久脱毛が可能な手法ですが、その反面痛みが強く、皮膚や毛穴へのダメージも他の手法と比較して大きくなりがちです。

 

そのため施術前に患部を消毒したり、施術中、施術後に患部を冷却することでダメージを軽減するような工夫がされています。

 

また、これらのトラブル、副作用は施術する担当者の技術にも左右されますので、カウンセリングや体験施術等を通してそのサロンの施術担当者へのトレーニングや熟練度、トラブルへのケア等も確認しておきましょう。

 

私の経験からすると施術が痛い担当者の場合、施術後に毛嚢炎や腫れなどがひどい場合が多かったですね。

 

光脱毛(フラッシュ脱毛)で考えられるトラブルや副作用

 

光脱毛(フラッシュ脱毛)は比較的に弱いパワーの脱毛です。

 

光脱毛の場合も医療レーザー脱毛同様に皮膚が炎症を起こす可能性がありますが、医療レーザー脱毛と比べて出力が弱いため、痛みがあっても穏やかだったり、施術後の炎症もほとんどなかったり、軽い場合がほとんどです。

 

可能性があるトラブルとしては医療レーザー脱毛同様に赤み、腫れ、やけど、毛嚢炎等が挙げられます。

 

 

ヒゲ脱毛によりトラブルを回避するために

 

ヒゲを脱毛はなんらかの形で毛根部分にダメージを与え破壊するので皮膚や毛穴へのダメージはある程度の覚悟が必要です。

 

その為、医療機関、脱毛サロン、エステサロンではそれぞれにきちんと対策を取り、トラブルを未然に防ぐようにしています。

 

それでもトラブルや副作用がゼロとは言い切れません。

 

そこで、安心してヒゲを脱毛するために信頼できる医療機関、脱毛サロン、エステサロンを選ぶことが重要となります。

 

カウンセリングでヒゲ脱毛のメリット・デメリットを確認する

リットだけではなく、ヒゲを脱毛する際に伴う痛みやトラブルの可能性等、きちんと質問した上で明確に答えが返ってくるかどうか、回答の内容に納得できるかどうか、確認しましょう。

 

万が一のトラブルの場合、どのような処置が用意されているか

きちんとケアしているとしてもトラブルの確率がゼロではない以上、もしトラブルが起きてしまった場合にどのような対応が出来るのか、しっかり確認しましょう。

 

医療機関の場合は直接治療を受けることが出来ますが、医療機関ではない場合、提携している医療機関の有無やアクセス、トラブル時にすぐに処置を受けられるのか、費用はどちらが負担するのか等、知っておく必要があります。

ヒゲ脱毛施術後のケアについて

ヒゲの脱毛施術後、冷却をしたり保護・保湿クリームを塗ったり炎症を抑える薬を処方したりとそれぞれの医療機関、脱毛サロン、エステサロンによってケア方法に違いがあると思います。

 

このケア部分が無償なのか有償なのか、事前のカウンセリングでしっかり確認しましょう。この部分が有償で思ったより費用が掛かる、という可能性もあります。

 

ヒゲ脱毛で考えられるトラブルは炎症や毛嚢炎等があり、深刻なものではない場合がほとんどだということがお分かり頂けたと思いますが、万が一のケア方法やトラブル対策について事前に確認し、安心して施術を受けられるようにしましょう。

 
 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

脱毛サロンとの違い
エステティックサロンでの脱毛を見ていきましょう。エステティックサロンとメンズ脱毛サロンの大きな違いは、装置の違いです。
エステならではの付加サービスも
エステティックサロンで脱毛を行うと、他の付加サービスも受けられるのですよ。
男性でも入りやすくなった
エステティックサロンは女性だけのものだと思っていませんか?今は違うのです。
わからないことはスタッフに聞こう
何事においてもそうですが、わからないことをそのまま有耶無耶にしてしまうのは決してよくありません。
時間は1回でどのくらいかかるのか
エステティックサロンで施術を受ける際に時間はどのくらいかかるのでしょうか?
まずは体験施術を受けてみよう
どんな施術なんだろうと興味がわいたなら体験施術をお勧めいたします。
ヒゲ脱毛(メンズ脱毛)施術後のアフターケア方法は?
ヒゲを脱毛すると肌にもどうしてもダメージが出てしまいます。そこでヒゲ脱毛の施術後のケア方法についてまとめました。
ニードル脱毛と医療レーザー脱毛【痛みの比較!】どっちが痛い?
ニードル脱毛と医療レーザー脱毛のどちらが痛みが強いのかを比較して紹介します。