ヒゲを薄くする方法を比較

メンズ脱毛サロン【男性向けの脱毛サロン】やっぱりココがおすすめNO.1

MENU

ヒゲを薄くする方法を比較!医療レーザー・ニードル脱毛・光脱毛・脱毛器

 

ヒゲ(髭)が濃くて悩んでいる方は多くできれば「ヒゲを薄くしたい」と思っていると思います。

 

 

ヒゲ(髭)を朝剃っても、「すぐにまた生える」、「青髭が恥ずかしい」など「ヒゲ」で悩む方は多くいます。

 

出来ることならヒゲなんてなくなればいいと考えている方も多いのではないしょうか?

 

ヒゲは、日本ではあまり歓迎さない事が多くあります。例えば次のような事です。

 

 

だらしなく見える!
清潔感がない!
老けて見える!
女性に評判が悪い!
ヒゲを剃るのが面倒くさい!

 

もちろん、きちんと整えられたヒゲなら問題はないのですが、ヒゲが濃い人の場合は、「剃っても」、「整えても」、みるみるとまた生えてしまいます。

 

どうにもなりません・・・・。

 

そんなお悩みを解決するためには、「ヒゲを薄くする」または、「ヒゲをなくす」しかありません。

 

現実的に、「ヒゲを全くなくす」ことはほほぼ不可能です。

 

ここでは、濃いひげを薄くし、ほぼ目立たなくするための「ヒゲを薄くする方法」について解説します。

 

 

 

ヒゲを薄くする主な方法

 

ひげを薄くする主な方法を紹介します。

 

ひげを薄くする主な方法は次のようなものです。

 

施設で脱毛を受けるためには、「脱毛サロン」または、「クリニック(美容クリニック・皮膚科など)」で脱毛を受けることができます。

 

脱毛サロンで脱毛を受ける

男性向けの脱毛サロン(エステサロン)で「ヒゲ脱毛(抑毛)」を受けることができます。

 

脱毛の方法としては、ヒゲを一本一本、電気針で処理する「ニードル脱毛」と、ヒゲの部分の比較的広範囲にレーザー(光)を照射する「光(フラッシュ)脱毛が行われています。

 

クリニック(美容クリニック・皮膚科など)で脱毛を受ける

美容クリニック・皮膚科などの医療施設で、医療行為としてのヒゲ脱毛を受けることができます。

 

脱毛の方法としては、多くの施設でパワーが強力な「医療レーザー脱毛」が行われています。

 

また、麻酔が使用できる、肌トラブル時の治療ができるなど、医療機関ならではのメリットもあります。

自宅で使える家庭用の脱毛器でヒゲ脱毛(抑毛)できます。

 

脱毛サロンで受けるような、「光(フラッシュ)脱毛」または「弱いレーザー脱毛」を自宅に居ながら自分で行えます。

 

脱毛の効果は、強くはありませんが、なにより好きな時に自分で行えるのが魅力です。

ヒゲ用の抑毛ローションでヒゲの生えるのを少し抑えることが出来ます。

 

抑毛ローションのヒゲ用のローションでひげ剃り後などに使うと肌のケアになったり抑毛の効果を発揮してくれます。

 

ヒゲを薄くする方法は、主に上記のようなものです。

 

それでは、それそれ詳しく解説します。

 

クリニック(美容クリニック・皮膚科など)で脱毛を受けてヒゲを薄くする

 
クリニック(美容クリニック・皮膚科など)では脱毛効果の高い「医療レーザー脱毛」が受けられます。

 

 

クリニックでは、医療機関として医療行為としてのヒゲ脱毛を受けることが出来ます。

 

医療機関なので「脱毛サロン」では扱えないような、強力パワーの脱毛器を使うことが出来ます。その為、クリニックでの脱毛は「永久脱毛」と言われることもあります。

 

多くのヒゲ脱毛では、「医療レーザー脱毛」を使用した脱毛が行われます。

 

医療レーザー脱毛の原理(他の原理のマシンも有る)ですが、ほくろや髪の毛、ヒゲなどの色の元になるメラニン色素にレーザーが反応し、ヒゲそのものが熱を持ちます。

 

結果として発毛に関わる毛根部分にある毛乳頭、皮脂腺等にダメージを与え、破壊することでヒゲを生えなくします。

 

医療レーザー脱毛器のレーザーはメラニン色素がない部分には反応しない為、皮膚等にダメージが出ることはありません。

 

毛乳頭を直接レーザーで破壊するのではなく、ヒゲを経由して伝わる熱による間接的な破壊となるため、毛周期によっては完全に破壊できないということもあります。

 

通常クリニックでは毛周期を考慮した上である程度施術間隔を置いて繰り返し脱毛を行いますので、何度か施術をすることで毛乳頭を完全に破壊し、永久脱毛の効果を高めるようにしています。

 

医療レーザー脱毛は、「痛い」と言われていますが、レーザーの照射範囲、ヒゲの太さ、濃さ等や照射箇所によって痛みの強さは異なります。

 

照射範囲の中にあるヒゲの本数が多く、太い場合は痛みが強くなりますが、施術を繰り返してヒゲが少なく、薄くなってくると反応するヒゲの本数が少なくなるので比較的痛みは弱くなっていきます。

 

医療レーザー脱毛のメリット・デメリット

【メリット】

  • 高い脱毛効果
  • 施術時間が短い
  • 医療機関での施術なので安心

【デメリット】

  • 日焼けしていると施術できない
  • 痛みが強い(麻酔でカバー可能)

 

傷みがあるという点はデメリットになりますが、それでもニードル脱毛と比較した場合は十分我慢できるレベルですし、各クリニックが冷却したり麻酔を使用する等痛みを緩和する工夫やオプションを用意していますので、痛いのはちょっと…という人は痛み対策をしてもらえるかどうか、確認してみてください。

 

おすすめのヒゲ脱毛「クリニック」はこちら

 

 

脱毛サロンで脱毛を受けてヒゲを薄くする

 
脱毛サロンでは「ニードル脱毛」または「光(フラッシュ)脱毛」でヒゲ脱毛を受けることが出来ます。

 

 

脱毛サロン(エステサロン)では、脱毛効果の高い「ニードル脱毛」と痛みの少ない「光(フラッシュ)脱毛」の2つの脱毛が行われています。

 

それぞれについて解説します。

ニードル脱毛でヒゲ脱毛を受ける

最も脱毛効果が期待できるのがニードル脱毛によるヒゲ脱毛です。

 

医療レーザー脱毛等がヒゲを経由して熱を毛乳頭に伝えるという間接的な方法です。

 

しかし、ニードル脱毛は毛穴に針を差し入れ、毛乳頭付近に直接電流を流すという方法で直に毛乳頭、皮脂腺等にダメージを与えますので、より確実な効果が見込めます。

 

このように高い効果のあるニードル脱毛ですが、半面、「痛みが強い」という難点があります。

 

施術に使用するニードルは微細なもので毛穴に通すのですが、かなり強い痛みがあります。また、毛穴にニードルを指した痛みの他に電流を流した時の痛みもあり、これもかなりの痛みとなります。

 

麻酔を使用することで痛みを感じないようにすることはできますが、麻酔は医療機関ではないと使用できません。

 

その為、医療レーザー脱毛」よりも痛いと言えます。

 

また、施術は毛一本一本に対してニードルを通して行いますので、施術に時間が掛かってしまうというのも難点です。

ニードル脱毛のメリット・デメリット

【メリット】

  • 最も高い脱毛効果
  • 一本一本脱毛するので細かいデザインやヒゲの量を間引いて調整することができる
  • 日焼けしていても白髪、産毛でも脱毛可能

【デメリット】

  • とても痛い
  • 施術時間が長い
  • 費用が高い(医療レーザー脱毛・フラッシュ脱毛と比較して)

 

直接毛根部の毛乳頭を破壊するという原始的な手法ですが、その分脱毛効果も高いのですが、痛みが強いのが最大のネックになります。施術に時間が掛かるのと技術を要する作業となるため、施術費用が比較的高くなるという点にも注意してください。

 

ニードル脱毛が受けられるのは、「メンズTBC」、「ダンディハウス」などでそんなに多くはありません。

 

光(フラッシュ)脱毛でヒゲ脱毛を受ける

脱毛の効果は弱い半面、痛みが少ないのが光(フラッシュ)脱毛によるヒゲ脱毛です。

 

光(フラッシュ)脱毛は、比較的に広範囲に対して、光(フラッシュ)を照射して脱毛を行います。

 

パワーはクリニックなどの医療機関に比べて弱いので、脱毛の効果は弱いの現実です。

 

その反面、痛みが少ないのが嬉しいポイントです。

 

一般的には、脱毛効果が弱く、脱毛完了までに長期間が必要なので「ヒゲ脱毛」には不向きだと言えます。

 

ただ、とにかく「痛み」は嫌だという場合には、ヒゲ脱毛の選択肢として一番です。

 

光(フラッシュ)脱毛のメリット・デメリット

【メリット】

  • 照射範囲が広い
  • 痛みがほとんどない
  • 肌への負担が少ない

 

【デメリット】

  • 脱毛効果が限定的(医療用レーザー、ニードル脱毛と比較して)
  • 結果的に通う回数が多くなる可能性有
  • 医療機関ではない場合、肌トラブルのケアが出来ない

 

傷みが少ない分、脱毛効果が弱い、ということになりますので、永久脱毛したいということであれば医療レーザー、ニードル脱毛がいいでしょう。

 

主なメンズ脱毛サロンは、「メンズ脱毛RINX(リンクス)」、「メンズクラシア」、「脱毛ラボ・メンズ」などです。

 

 

おすすめのヒゲ脱毛「脱毛サロン」はこちら

 

 

家庭用脱毛器でヒゲ脱毛してヒゲを薄くする

 
自宅で使える家庭用の脱毛器でヒゲ脱毛(抑毛)できます。

 

脱毛サロンで受けるような、「光(フラッシュ)脱毛」または「弱いレーザー脱毛」を自宅に居ながら自分で行えます。

 

脱毛の効果は、脱毛サロンやクリニックに比べれば強くはありません。その為、ヒゲ脱毛を完了させるためには、長期間かかると思われます。

 

家庭用脱毛器は、一度買えば長く使えへ家族で共有しても使えます。ただし、カートリッジの交換などの消耗品が必要になる場合があります。

 

家庭用脱毛器でヒゲ脱毛を行う、最大のメリットは、自宅で好きな時にヒゲ脱毛ができる事です。

 

家庭用の脱毛器は、いくつかの商品が存在しますが、実際にオススメできるのは、次の「2」つの商品です。

 

ケノン

光(フラッシュ)脱毛方式の家庭用脱毛器です。

 

今現在の脱毛器として最も売れていると思われる家庭用脱毛器です。

 

脱毛サロンなどと同様な脱毛方式ですが、パワーは弱く、ヒゲ脱毛の完了までには、長期間を要します。

 

消耗品としてカートリッジが必要で、ヒゲ用、肌用などで使い分けます。

 

今は、家庭用脱毛器を選ぶなら、一番のおすすめです。

 

「ケノン」の詳細はこちら

 

トリア

レーザー方式の家庭用脱毛器です。

 

世界でも使われている有名な脱毛器の一つです。

 

クリニックで行われている医療レーザーに比べたらパワーは弱いと言えます。その為、ヒゲ脱毛を完了するには、長期間を要します。

 

レーザー方式は、一度に処理できる面積が、光脱毛に比べて狭く一度の施術に時間が掛かります。

 

「トリア」の詳細はこちら

 

 

 

家庭用脱毛器のメリット・デメリット

【メリット】

  • 自宅で好きな時に脱毛できる
  • 通う必要がない
  • 一度買えば使い続けられる(消耗品を除く)

 

【デメリット】

  • 脱毛効果が限定的(医療用レーザー、ニードル脱毛と比較して)
  • 脱毛器を購入しなければいけない
  • 肌トラブルは自分でケアが必要

 

脱毛の効果が低いので、ヒゲ脱毛を素早く完了させたい人には不向きです。素早くヒゲ脱毛を完了させたい場合は、「クリニック(美容サロン・皮膚科など)での脱毛を考えましょう。

 

ただ、自分のペースで自宅でヒゲ脱毛をしたい場合には、脱毛の完了までに時間が掛かりますが、家庭用脱毛器での脱毛がおすすめです。

 

 

ヒゲ用の抑毛ローションを使ってヒゲを薄くする

 
ヒゲ用の抑毛ローションでヒゲの生えるのを少し抑えることが出来ます。

 

抑毛ローションのヒゲ用のローションでひげ剃り後などに使うと肌のケアになったり抑毛の効果を発揮してくれます。

 

もちろん、即効性はなく、使い続けることで「ヒゲを薄くる」効果が期待できます。

 

ヒゲ用の抑毛ローションは、ヒゲ剃り後に使うのは、もちろん、施設での脱毛後のアフターケアとしても使えます。

 

おすすめのヒゲ用の抑毛ローションを紹介します。

 

プレミアムアフターシェーブローション

大手の通販サイトでNO.1を獲得の人気のアイテムです。

 

プレミアムアフターシェイブローションは、沢山の男性に支持されているアイテムで「ヒゲ剃り後の肌がツルツルになった!」と喜ばれいています。

 

「プレミアムアフターシェーブローション」の詳細はこちら

 

ヒゲ用の抑毛ローションのメリット・デメリット

【メリット】

  • 手軽に使える
  • 費用が安い

 

【デメリット】

  • 即効性がない
  • ヒゲを薄くする効果は限定的

 

ヒゲ剃り後や施設の脱毛施術後のケアとして使うのならオススメですが、ヒゲを薄くする効果はほとんど期待できないでしょう。

 

 

【まとめ】

 

ヒゲを薄くする方法について【まとめ】ます。

 

ヒゲを薄くする方法をして、【3つの方法】を紹介しました。

 

  • 施設(脱毛サロン・クリニック)でヒゲ脱毛を受ける
  • 家庭用脱毛器でヒゲ脱毛する
  • ヒゲ用の抑毛ローションを使う

 

このような方法からどの方法を選んだら良いのでしょうか?

 

ヒゲ脱毛を素早くキレイ完了させたい場合

クリニック(美容クリニック・皮膚科など)」でヒゲ脱毛を受けましょう。多少の痛みはありますが安全で確実です。

 

より完璧にヒゲ脱毛を希望する場合は、「脱毛サロンでのニードル脱毛」も選択肢の一つになります。

 

とにかく「痛み」はヤダという場合

多少、脱毛完了までに期間が掛かっても「痛い」のはヤダという人は「脱毛サロンの光(フラッシュ)脱毛」を選んでください。

 

痛みも少なく、肌へのダメージもそれほどありません。

 

脱毛の施設に通えない・自分でヒゲを薄くしたいという場合

さまざまな理由から脱毛の施設に通えない場合は、「家庭用脱毛器」を使ってヒゲを薄くするのが良いでしょう。

 

脱毛施設に比べて脱毛効果は低くなりますが、自分のペースで脱毛できます。

 

以上、ひとそれぞれに合った方法を選んでください。

 

ヒゲを薄くして「ヒゲの悩みから解放」されれば、きっと何かが変わるはず。

 

是非、チャンレンジしてみてください。

 

おすすめの「ヒゲ脱毛」はこちら

 

 
 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

毛深さに悩む男性はたくさんいる
毛深いということは悩める男性にとって深刻な問題なのです。
ヒゲだけでも何とかしたい
毛深さに悩む人がダントツで挙げるいやな部位はひげです。
若い人ほど体毛に悩む
体毛に悩む人の多くは、10代や20代の男性です。
ムダ毛の解消方法は?
剃っても抜いても生えてくる毛。一体どうすればこの毛深さから解消できるのでしょうか?
ヒゲ脱毛のメリットとデメリット
ヒゲを脱毛すること具体的なメリット、デメリットはどのようなものがあるんでしょうか?以下にまとめてみました。
ヒゲ脱毛を自宅で行う方法!家庭用脱毛器でヒゲ脱毛できるか?
単純に毛抜きで抜く、という方法から家庭用脱毛器を使用する方法まで、自宅でヒゲを脱毛することができるかどうか解説します。